News

More

小須戸まちづくりセンター2周年企画で、クリスマスジャズライブ開催!

12月10日(土)、小須戸まちづくりセンターにてクリスマスジャズライブが行われました。イベントは、センターの2周年記念として企画されたようです。

阿部真由美さんは、アメリカと日本を行き来している、実力派のジャズシンガー。その経歴や本人自体もおもしろいのですが、ボリュームが多そうなのでそれはまた別の記事に書きたいと思います。

会場はセンター3Fのホールにて行われました。僕はセンター自体も初めて入ったのですが、新しい建物ということもあり、小綺麗な雰囲気です。ピアノもピカピカ。

場内のお客さんは年齢層高い印象を受けました。みなさんセンターの利用者なのでしょうか。ジャズのライブにその世代が集まっているのは、なんだか不思議でした。

今回主役のvo.阿部真由美さんと、pf.斉藤伸宜さん、bs.五十嵐誠さんによるトリオ。

おそらくジャズのことをよく知らないであろうお客さんを前に、阿部さんもMCでジャズの楽しみ方を教えてくれます。「今みたいに、各楽器にソロパートがあって、みんなが主役なんです」「英語の発音ちょっと間違えると、意味も変わってきちゃいます」

アンコール楽曲では会場の熱も高まり、手拍子が生まれるのですが・・・なんと表拍!

※表拍というのは、楽曲の拍を取るときに、「1、ウン、2、ウン、3、ウン、4、ウン、・・・」と数える、その頭の数字のところ。対して、ジャズは裏拍、ウンの部分にアクセントが来ます。このアクセントの違いも、ジャズっぽさを作り出している一つの要因です。

表拍で叩くことにより、ジャズなんだか古き良き童謡なんだか、ミックスされたようなサウンドになっていて、それはそれで楽しかったです(笑)

センターでは今後も何かイベントを考えているとのことで、今回のように地元の人に音楽文化が広がる一助となりそうです。

▼ブログの更新情報や、イベントの情報を随時発信しています▼