News

More

【随時更新】新潟の音楽フェス情報まとめ

この記事では、新潟県内のフェス情報を、大きなものから小さなものまで、まとめてみます。興味のあるフェスがありましたらぜひ遊びに行ってみてくださいね。

目次

  • フジロックフェスティバル
  • 音楽と髭達
  • Niigata Rainbow Rock
  • Jin Rock Festival
  • SPA SONIC
  • 豪雪JAM
  • 日本海夕日コンサート
  • 三条楽音祭
  • いわむロックFESTIVAL
  • 清津川・川っぺり音楽祭
  • 新潟ジャズストリート
  • 月見音楽祭

フジロックフェスティバル

新潟の、というよりは全国を代表する音楽フェスの一つ。なぜ新潟なのにフジなのだ、という疑問を残すタイトルですが、最初は富士山麓で行われたフェスが、3年目から新潟の苗場スキー場に移行したようです。

もうとにかくアーティストの出演ラインナップがすごい。出演者の総数もめちゃ多い。金曜日から日曜日まで、がっつり3DAYSのイベントです。フェスをガッツリ楽しみたいなら、やっぱりフジロックをおすすめします。

梅雨の空け時・山の中とあって、毎年天候が安定していません。雨具や長靴があると安心です。また、無料で観覧できる前夜祭もあり、体力があれば4DAYS楽しめるフェスとなっています。

▼データ(2017年)

  • 開催日:7月28日(金) 29日(土) 30日(日)
  • 入場券:発売時期や何日券かによって料金が異なりますので、詳しくは公式サイトをご覧ください
  • 開催地:新潟県湯沢町苗場スキー場
  • 公式サイト:http://www.fujirockfestival.com/

音楽と髭達

通称・音髭(おとひげ)。もともとは「音楽と髭」というタイトルでテレビ放送されていた音楽番組でしたが、そこから派生してこのフェスが始まりました。

初期はライブハウスを会場にしていましたが、規模が大きくなるに連れ野外ステージへ移行。2005年〜2013年までは長岡市の国営越後丘陵公園、2014年からは新潟市のHARD OFF ECOスタジアムで開催されている、新潟を代表する音楽フェスの一つです。

毎年10組ほどのアーティストが参加。大物・人気アーティストが多く、チケットは早期に売り切れることが多いです。

▼データ(2017年)

  • 開催日:2017.8.26(土) 8:30開場(予定) 11:00開演(予定)
  • 料金:大人¥7,500(税込) 中高生¥6,000(税込) 小学生¥3,000(税込)
  • 場所:新潟市・HARD OFF ECOスタジアム新潟
  • 公式サイト:http://otohige.com/

NIIGATA RAINBOW ROCK

GWのフェスと言えば、レインボーロック!2017年からは2DAYS開催になり、1日目は市内のライブハウスや会場を回ってアーティストを身近に楽しむ「サーキット」、2日目は会場を朱鷺メッセに移しビッグアーティストを楽しめる「アリーナ」と、別の趣で楽しめるようになりました。

▼データ(2017年)

  • 開催日:2017.5.04(木祝) 5.05(金祝)
  • 料金:サーキット ¥4,500(込) / アリーナ ¥6,500(込) / 両日通し券 ¥10,000(込) ドリンク代別途必要
  • 市内12会場(サーキット)、朱鷺メッセ(アリーナ)
  • 公式サイト:http://rainbowrock.jp/

Jin Rock Festival

フェスのタイトルは、オーガナイザーのJin Shimamuraさんから。毎年7組前後のアーティストが出演しています。

フェスの前身にコラボレーション・ライブがあったこともあって、Caravanさんはほぼ毎年出演してくれています。

▼データ(2017年)

  • 開催日:9月10日(日)
  • 料金:(前売り)大人 5,500円(税込) / 小中学生 3,500円(税込)
  • 会場:新潟県 加茂市 加茂山公園 野外ステージ
  • 公式サイト:https://www.fmport.com/JINROCK/index.html

SPA SONIC ~GROOVIN’ SOUND FES~ in 月岡温泉

温泉地での開催という、ユニークなフェスです。まだあまりWEB上に情報がないのですが、足を運んでみたいフェスの一つです。

▼データ(2017年)

  • 日時:2017年9月3日(日)
  • 料金:一般前売:4,800円(税込) / 学生前売:3,800円(税込)
  • 会場:恋人の聖地 月岡カリオンパーク
  • 公式サイト:http://www.tsukiokaonsen.gr.jp/spasonic_2017

豪雪JAM

豪雪の街・十日町を舞台に、雪まつりの最終日に行われる「一年で最初の野外フェス」。会場はもちろん足元からひんやりしてくるのですが、踊れる音楽に体を揺らしていると熱くなってきます!

※2017年、「今のスタイルでの開催は今年が最後」という発表があったため、来年以降データが大きく変わることがあります。

関東からのお客さんも多く、盛り上がるフェスのために、ぜひサスティナブルなフェスとしてまた嬉しいお知らせを聞きたいですね。

▼データ(2017年)

日本海夕日コンサート

毎年豪華なアーティストが来るにも関わらず、入場無料の太っ腹なイベント。会場では時年以降の運営費として、500円以上を目安にカンパを呼びかけています。

 

▼データ(2017年)

  • 日時:2017年8月11日(金・祝)
  • 料金:入場無料・協力金カンパ制
  • 会場:新潟市青山海岸特設ステージ
  • 公式サイト:http://yuuhi.net/artist/

三条楽音祭

 

NMPの趣旨にめちゃくちゃ近い、手作りの無料音楽祭。今年はぜひ取材に行きたいと思っています。実は去年まで存在を知らなかったのですが、今年で9回目の開催となるそうです。

▼データ(2017年)

  • 日時:2017年9月3日(日)
  • 料金:入場無料
  • 会場:三条市中浦ヒメサユリ森林公園
  • 公式サイト:https://rakuonsai.com

いわむロックFESTIVAL

岩室温泉 観光施設「いわむろや」を舞台に行われる音楽フェス。2012年よりスタートし、去年からは3ステージ体制のフェスとなりました。

2016年は県内外から28組のアーティストが出演、3,000人のお客さんを動員した、今後も目が離せない手作りフェスです。

▼データ(2017年)

  • 日時:2017年9月23日(土)9月24日(日)
  • 料金:入場無料
  • 会場:岩室温泉 観光施設「いわむろや」
  • 公式サイト:http://iwamurockfestival.com/

清津川・川っぺり音楽祭

新潟市内(主に古町エリア)約30の会場を回って楽しめる、市民のジャズの祭典です。他のロックフェスとは違って、体力の不安な方やゆっくりと楽しみたい方にもおすすめです。

▼データ(2017年)

新潟ジャズストリート

新潟市内(主に古町エリア)約30の会場を回って楽しめる、市民のジャズの祭典です。他のロックフェスとは違って、体力の不安な方やゆっくりと楽しみたい方にもおすすめです。

▼データ(2017年)

月見音楽祭

2015年に突如限界集落で始まった手作り音楽フェス。3回目の今年は、なんと手作りウェディングと手作り音楽フェスがくっついたお祭りになるそうです。

今のところ、有名なアーティストが来る予定ではないのですが、暖かい手作り感が大好きで、NMPとしては一番応援したい音楽フェスです。

クラウドファンディングに挑戦もしているので、ぜひ特設ページを見てみてください!

▼データ(2017年)

その他のフェス(詳細は後日追記)

  • 松之山温泉ジャズストリート
  • 岩室温泉響
  • KOBUフェス
  • アース・セレブレーション
▼ブログの更新情報や、イベントの情報を随時発信しています▼