News

More

【三条】行政と市民が一体となって作り上げる手作り無料フェス、三条楽音祭に参加してきた!

あっという間に9月に入りましたね。夏は終りを迎え、秋の風が吹いてきていますが、フェスはまだまだシーズン真っ盛り!今回は2017年9月3日(日)に行われた、三条楽音祭の様子を少しばかりレポしてみたいと思います!

会場への道のりは田んぼ道

会場への道のりは田んぼ道

東三条駅から無料シャトルバスにて、会場の中浦ひめさゆり公園へ。バスは川沿いを走り、どんどん山の中へ。野外フェスへのテンションが高まります。

天気予報を覆し、快晴の空模様

天気予報を覆し、快晴の空模様

小川の流れる会場は涼しげ

小川の流れる会場は涼しげ

会場に着き、トップバッター「Goofy Kinglets」さんのステージの方へ向かいます。少しずつ大きくなる音に気分も高揚します。

トップバッター、Goofy Kingletsさん

トップバッター、Goofy Kingletsさん、と会場の様子

ちなみに、真のトップバッターは三条市長の挨拶なのですが、シャトルバス一本目に乗れず間に合いませんでした(笑)。Goofyさんも最後の曲からの参加だったのですが、場の空気を確実に温めていました!

三条楽音祭では、ステージの他にも色々な楽しみ方があります。昨年から設置されたスケボーコーナーでは、スケボーを持参した参加者たちが技を披露し合います。普段のストリートでは規制が多いぶん、こういったコースで思いっきり楽しめるのはいいですね。

昨年から設置されたスケボーコーナー

昨年から設置されたスケボーコーナー

もちろん、飲食や雑貨の出展も充実。今年は年々増加する参加者に合わせ、過去最高の出店数になっているのだとか。

飲食・雑貨の屋台も過去最高の出店数

飲食・雑貨の屋台も過去最高の出店数

メイン会場の様子

メイン会場の様子

普段は公園である会場なので、子供の遊び場にも困りません(写真には意図的にぼかしを入れています)。遊具も然りですが、虫取り網をもって遊びに来ている子どもたちもいました。

公園としての機能もあり

公園としての機能もあります

二番手は今年の「豪雪JAM2017」にも出演を果たした、旅する音楽集団「SAIRU」さん。今日も安定のグルーブ、かっこよさでした!

子供から年配の方まで、ノリノリでダンシング!しているさまは本当にピースフルな空間です。

SAIRUさん、ラストスパート

SAIRUさん、ラストスパート

 

時間にして2時間くらいを楽しんだわけですが、僕自身風邪っぽかったのと、旅行疲れが重なって早々に切り上げてしまいました。

しかし、Niigata Music Postは「イベントレポ」に重きをおいているわけではなく、気軽に遊びに行けるよ!という「雰囲気を伝える」ことを重視しているので、ここまでのレポでも十分伝わったのではないかと思います!(笑)当日の詳しいイベントレポはPAS magazineさんあたりにおまかせすることにして(笑)、当メディアでは雰囲気をかいつまんでお伝えしました。

今年参加を迷っていた方はぜひ来年は遊びに行ってみてくださいね。僕も来年は体調を万全に、休憩用のチェアももって遊びに行きたいと思います!

ちなみに、夜の様子がどんなだったか知りたい!と友人に頼んだところ、快く写真を提供してくれました。いやー、野外フェスはやっぱり夜も楽しい。っていうのが伝わってきます。

photo by Iketo Hirokuni

photo by Iketo Hirokuni

photo by Iketo Hirokuni

photo by Iketo Hirokuni

 

最後に、三条楽音祭の開催について、代表の思いがつづられたインタビュー記事をシェアしておきます、ぜひこちらもご覧ください。

三条楽音祭インタビュー 行政と市民による手作り感あふれるフェス | フリーペーパー DEAL(ディール)

 

Information

三条楽音祭(さんじょうらくおんさい)

 

▼ブログの更新情報や、イベントの情報を随時発信しています▼