News

More

入場料が野菜!報酬も野菜?!コンセプトがすてきな音楽フェス「ギブミーベジタブル」が新潟で初開催!

NiigataMusicPostでも、企画段階から注目していたイベント「ギブミーベジタブル」。

今日はその最高なフェスイベントの紹介をさせていただきたいと思います。

ギブミーベジタブルって?

ギブミーベジタブルは、オープンソースな概念で、やりたい!と思う人が全国の色々な場所でイベントを開催しています。新潟では初開催でした。著者自身は運営側ではありませんが、多くの反響があり予想以上の参加者で賑わいました。こういうイベントもありなんだ、という一つのカタチとして広まっていけば楽しいなーと思います。来年もやってほしい!

入場料、アーティストの出演料が野菜の自給自足型、食+音楽イベント。

お客さんが入場料として持ってきた野菜を、その場で料理人が即興料理、無料で提供します。そして、残った野菜を出演者、スタッフ、関係者全員で出演料、報酬として分け合います。

ギブミーベジタブルでは、野菜がお金の代わりになります。

そのことでお金の役割とモノの価値ついて考え、交換することの楽しさを感じてもらえたらと思います。

ギブミーベジタブル – about より抜粋

入場料が野菜

続々と集まってくる野菜

続々と集まってくる野菜

お金での価値交換に僕もなんだか飽きていたところに、野菜が入場料というコンセプトのフェス。こういう既成概念を壊していく系のイベントめっちゃ好きなんです。

みんなが持ってきた野菜は、その場で調理され、提供されます。そして余った食材を、スタッフや演奏者の報酬として配る。すごい。報酬も野菜。

入場料がサラダになる

入場料がサラダになる

フルーツもあるよ

フルーツもあるよ

では、野菜を忘れた人は入場できないのか?というと、入場できないのですが(笑)、なんと会場の目の前に「ベジ畑」が出現!料金を払って、その場で野菜を掘り起こすことができます。救済策〜〜!

会場が海の家だからできる試みですね。

砂浜から野菜が出現、「ベジ畑」

砂浜から野菜が出現、「ベジ畑」

当日は海の家の中が会場でしたが、音は外まで聞こえるので、ライブをBGMに海風を浴びながら食事、なんて素敵な楽しみ方も。

外のテーブルでも楽しめる

外のテーブルでも楽しめる

 

音楽ライブは6組が出場

ママさんブラス ひかりおんがく隊

トップバッター、ママさんブラス☆ひかりおんがく隊

トップを飾ったのはママさんブラス☆ひかりおんがく隊さん。子供にも大受けなアンパンマンやドラえもんの歌、星野源の恋など、みんなに親しみのある曲を演奏していました。普段は幼稚園や保育園でも演奏活動をしているそうですよ。


二組目は、自分が出演しました。会場の雰囲気を音声で感じてみてください!ビデオは撮影失敗していたので静止画です。

このあとも

  • ゴスペルのDandelionさん
  • ウクレレシンガーのまりさん
  • アコギ+ピアニカのノモッティ&エンドゥさん
  • アイリッシュ音楽のクラックさん

と会場を盛り上げてくれました。

クライマックスはクラックさんの「John Ryan’s Polka」に乗せて、会場の子供も大人もダンシング!

ラストはクラックさん

ラストはクラックさん

イベントは「日が暮れるまで」というなんともゆるいイベントでしたが、演奏が終わってちょっとご飯食べてちょうどいいくらい。

会場には合計で200人近くが来場し、なんとも(物理的にも、内容的にも)密度の濃いイベントとなりました。

そうそう、忘れてはいけないのは調理のみなさん。

あわただいしキッチン

あわただいしキッチン

200人分の食事をほぼボランティアで一日作り続けてくれた調理のみなさんには感謝しかありません。

ウチノ食堂「藤蔵」の野呂さん

ウチノ食堂「藤蔵」の野呂さん

ウチノ食堂藤蔵さん、御台所みかこさん、ゆめのき学園小林さん始め、調理スタッフの方々(柱が入っちゃいました)。美味しい料理をありがとうございました。

Information

ギブミーベジタブル

  • 公式サイト:ギブミーベジタブル
  • 会場:全国津々浦々
  • 時期:不定期、次回開催未定
  • 料金:入場料は「野菜」
▼ブログの更新情報や、イベントの情報を随時発信しています▼