【長岡】まちに開いた音楽制作プロダクション、「音楽図書室」をオープンしました!

【長岡】まちに開いた音楽制作プロダクション、「音楽図書室」をオープンしました!

私事で恐縮ですが、この度ハヤシユウは、2018年5月6日、長岡市中心市街地に「音楽図書室」をオープンしました。音楽制作プロダクションを軸とし、カフェや図書室の機能がついており、今後はアコースティックライブのイベントなども行っていく予定です。

音楽図書室の外観

外観は、もと和風割烹の面影を残した古民家に、シルバー×レッドのカラーリングをあしらった、少し奇抜な佇まいです。

※この記事は、noteに書いた記事をNiigata Music Postのために加筆・修正したものです。

音楽図書室、ついに始まりました|Yuta Kobayashi(ハヤシユウ)|note

音楽図書室とは

コンセプトは、「まちに開いた音楽制作プロダクション」です。自分でもなんと形容していいかわからないほどごちゃまぜの空間ですが、軸はプロダクションにあります。

もともとインターネット上でのやり取りが多かった楽曲制作の仕事ですが、どうしても顔を合わせた仕事がしたいと思い、打ち合わせ場所や、職場見学として使えるプロダクションがほしいな、と構想していました。

しかし、制作プロダクションではごくごく一部の人しか出入りできないのはもったいないというか、自分の(顔を合わせたいという)目的をあまり達成しません。そこにカフェや図書室の機能を付属させることで、誰でも気軽にお店に入ることができ、音楽制作や楽器のことにも興味を持ってもらえる可能性がでてきます。

音楽制作を頼みたい人や音楽好きな人はもちろん、コーヒーを飲みたい、なにか偶発的な出会いが欲しいという方も、どなたでもウェルカムです。あまり積極的に看板や広告を出していないので、(今のところは)知る人ぞ知る落ち着いた空間になっています。

店内カウンター席

 

音楽要素はどこにあるのか

正直いいますと、音楽図書に関して、図書室と言えるほどの蔵書はまだまだ十分な量がありません。数えてみたら、いまのところ45冊でした。

音楽図書室の本棚

ただ、図書室にしたい!という思いは実はそこまで強く無くて、自分の楽曲制作における参考になりそうな本、「これは初心者でも楽しく読める」という本などを、できる範囲で少しずつ増やしていく予定です(月2~3冊程度)。

では他にどんな音楽的要素があるのかというと、「楽器試奏」「音楽ライブ」「寺子屋」「レコーディングブース(制作予定)」などでしょうか。

音楽図書室のライブスペース

この写真は、お座敷の様子です(この日は近所の大学生が歌の練習をしていました)。防音などの兼ね合いもあり、まだ改装はあまり進めていませんが、こちらのスペースでは楽器で遊んだり、ライブができたり、というようなことができます。

いまのところ、★電子ピアノ、★エレキギター(安物)&アンプ(いいやつ)、★クラシックギター(詳細不明)、★電子ドラム、☆バイオリン、★ケーナ、★タンバリン、★パチカ(アサラト)、☆ソプラニーノリコーダー、☆鍵盤ハーモニカ、☆フルートが置いてあります(★:演奏可能、☆:ご相談ください)。

楽器収集癖も強いので、図書と同様、少しずつ増やしていきたいなーと思っています。多少の防音を施して、アコースティックライブもできるようにする予定です。

カフェも併設しています

多くの方が気軽にはいれる場所、といえばカフェでしょ!ということで、安易にカフェを併設しました。

音楽図書室のアイスコーヒー(300円)
フレンチトースト(300円)

カフェ営業はあまり頑張っていないので、その日その日であるものを出しています。コーヒーとハーブティーはだいたいありますので、いつでも休憩しに来てください!

(カフェの名前は、「キュプラ」)

最後に

音楽図書室は、いわばNiigata Music Postの目指すコンセプト<音楽を・誰でも・気軽に楽しめる>をぎゅうぎゅう詰めにした、幕の内弁当のような施設です。日々どんな具材を詰めていこうか考えながら、実験を重ねながら運営しています。

音楽図書室が、図書室をネーミングに入れた最大の理由は、「無料で使えるパブリックな空間」ということを表現したかったからです。カフェだからはいったらお金を落とさなきゃ、という雰囲気にはしたくなくて、お金がなくてもゆったりくつろげる場所として音楽図書室を作りました。

なので、顔を出すだけでも、ちょっとお昼寝するでも、楽器弾きながらだべりに来るでも、使い方は皆さん次第です。ぜひお気軽に遊びに来てくださいね、待ってまーす!

(カフェメニューや運営体制は気まぐれで、ころころ変わることがあるかと思いますが、そういうものだと思ってゆるさを楽しんでください。

noteの記事にも書いてありますが、お客さんに合わせるのではなく、お客さんに合わせてもらう、ということをモットーに運営していきます。笑)

 

Information

音楽図書室 ― まちに開いた音楽制作プロダクション

長岡市南町1丁目10-16

▼ブログの更新情報や、イベントの情報を随時発信しています▼

スポンサーリンク